2015年01月25日

室生犀星「老いたるえびのうた」

室生犀星「老いたるえびのうた」


室生犀星『日本の詩 室生犀星』(ほるぷ出版)昭和50年発行 所収

1分14秒


・・・・・・・・・・・・・・


  室生犀星

  老いたるえびのうた (遺作)


  けふはえびのやうに悲しい
  角やらひげやら
  とげやら一杯生やしてゐるが
  どれが悲しがつてゐるのか判らない。

  ひげにたづねて見れば
  おれではないといふ。
  尖つたとげに聞いて見たら
  わしでもないといふ。
  それでは一体誰が悲しがつてゐるのか
  誰に聞いてみても
  さつぱり判らない。

  生きてたたみを這うてゐるえせえび一疋。
  からだぢうが悲しいのだ。
  
  

posted by 田中敬三 at 22:22| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。